介護福祉士や医療事務スタッフ求人に向いている人材とは

履歴書

介護に必要な資格とは

介護を行う職種に就くときには通常資格は必要がありませんが、一般的に「介護職員初任者研修」の受講を求められます。もともとホームヘルパー2級といわれていた資格で、介護の仕事をするための基礎知識や応用を学ぶことができます。徐々に、介護職員実務者研修や介護福祉士、社会福祉士などスキルアップのために資格取得を目指すことが多いです。

介護福祉士とは

介護福祉士は高齢者や身体の不自由な方の、食事や入浴、車いすの移動のサポートや介護のためのアドバイスなどを行う介護のエキスパートです。専門家として、介護をする家族やヘルパーさんへ専門的知識や技術を伝え、介護の負担を減らしていくアドバイスも行います。

介護士求人の探す方法

介護福祉士の求人を探すときには、地域密着の求人を探せるハローワークや折り込みチラシなどから探すことができます。数多くの求人をチェックしたいというときには、求人や転職サイトといったインターネットサイト、自分で探すのではなく間に仲介役として調整してもらえる人材派遣会社や人材紹介会社があります。働いている人から直接話が聞きたいときには、転職フェアの利用や知人に紹介してもらうという方法があります。

医療事務はこんな人にぴったり!

笑顔で患者さんの不安を和らげる

医療事務は病院の受付や会計などを行います。病院を訪れた患者さんに初めて接することになるため病院の顔となる存在です。病気やケガで訪れている患者さんは不安になっていることが多いため、不安を少しでも和らげる笑顔で柔らかな印象の方が受付には向いています。

個人情報の重要性を理解できる

病院にはさまざまな患者さんが訪れます。患者さんの個人情報を病院では管理しています。個人情報は住所や氏名、電話番号といった情報だけでなく、患者さんの病名や治療状況、処方されている薬などさまざまな情報を管理しています。個人情報の重要性を理解できる方ではないと医療事務としては失格です。

正確にかつスピーディーに業務ができる

受付業務だけでなく、レセプトという診療報酬明細書の作成を行います。患者さんの医療費意を計算する業務で期限があるため、正確にそしてスピーディーに業務が行えることが必須です。レセプト業務は法改正があるたびに継続的な勉強を出来る向上心の高さが必要となります。

IT化からパソコン操作ができることが必須

カルテは今まで手書きでしたが、IT化が進み電子カルテを導入している病院や診療所が多く、パソコンを使って入力やカルテを作成することが増えています。レセプト作成業務もパソコンで作成する病院が多く、医療事務でもパソコンを使えることが必須となっています。

コミュニケーション能力がある方

医療事務は、受付や会計時に患者さんと話す機会があるためコミュニケーションをとることが多いですが、医師や看護師といったスタッフとの間でもコミュニケーションが必要となります。患者さん医療スタッフとどちらともコミュニケーションが必要となり、ときには双方の間に入ることになる場合もあるためコミュニケーション能力が必要です。

就活は効率よく

効率良く就活するためには、インターネットの活用が重要です。専門サイトだけでなく、現在ハローワークでも登録しておくとインターネットサービスを利用することができ、わざわざ出向くことなく活動することができます。インターネット環境が整っていればどこでも時間を気にせず求人を探すことができます。

医療求人に強くなろう

熊本にて医療事務の求人を探しているときには、一番多い場所は病院です。大きな病院だけでなく小さな病院でも募集を行っています。医療事務の働く場所は病院だけでなく、調剤薬局や介護関連施設でも求人募集を行っており、介護関連施設では介護事務もできる人材に需要が高まっています。

広告募集中