介護福祉士の求人応募は求人票をきちんとチェックすることが大事

医療業界で需要が高い仕事

臨床開発や治験関連の仕事に需要が高まっています。臨床開発は新しい薬の試験をするための施設を選んだり、治験薬の設置や回収などを行う臨床開発モニターや試験のデータ管理を行うマネジメント職、試験のデータの統計解析など幅広い臨床に関わる職種があります。治験関連の仕事は新しい薬が発売された後に、薬の有効性をチェックするサポート業務を行っています。

介護士と看護師の役割

介護士は高齢者や身体の不自由な方のサポートを行う

介護士は介護の仕事に関わっている方のことを指しています。高齢の方や身体が不自由な方の日常生活を過ごすためのサポートを行います。

看護師は医師や患者へのサポートを行う

看護師は、医師が患者へ行う診察や治療のサポートをしたり、外来患者へのケアや入院患者に食事や入浴などのサポートなどを行います。

介護福祉士の求人応募は求人票をきちんとチェックすることが大事

手

求人票の見方

介護福祉士の求人票を見るときには、就業場所や仕事の内容、経験や年齢、そして給料や賞与など他の職種とほとんど変わりがありませんが、注意が必要なことは就業場所です。複数の施設を運営している事業所の場合には事業所の場所が掲載されていて勤務地が異なる場合があります。そのため、どこの勤務地の募集を行っているのか確認は入念に行います。

面接する際の注意点

介護福祉士としてすでに活躍していて、別の職場にて介護福祉士として転職する場合には、NGな転職理由には注意をします。NGな転職理由として、人間関係でのトラブル、給与問題、休みの少なさなどのネガティブな理由はマイナスな印象となってしまいます。

介護福祉士として働く人の声

きっかけはボランティア活動から

学生時代には専門外の勉強を行っていましたが、きっかけはボランティアとして身体の不自由な方への活動していたことからです。ボランティアを通じて、どんなことに不自由にしているのだろう、何かサポートをすることはあるのだろうかと意識するようになり、介護福祉士を目指すために働きながら資格取得を目指しました。

一番重要なことは信頼関係を築くこと

介護福祉士の仕事として一番重要なことは、介護される方とその家族と信頼関係を築きあげることができるかという点です。信頼関係を築くためには、会話であったり寄り添ったりとコミュニケーションが必要となります。

資格の取得が終わりではなく日々勉強

介護に携わる仕事をしたいからと介護福祉士の資格を取得して無事働きだしても、資格を取得したら終わりということではありません。介護福祉士の資格を取得しても経験を積まなくては、技術や知識を身につけることができません。資格を取得したから終わりではなく、スキルを磨くためには常に勉強が必要です。

専門家としての立場とプレッシャー

介護の仕事は資格がなくても働くことができますが、国家資格の介護福祉士は取得を取得すると専門家としてみられる機会が増えます。専門家として見てもらえるだけでなく、専門家としてのプレッシャーも掛かってきます。専門家として知識が必要となり、チームの中心となって自分の知識や技術を活かすことができるようになります。

技術よりも知識よりも大切なこと

介護福祉士はハードな業務を行います。それでも、介護が必要な人達の方が歯がゆい思いをしていることが多いため、どんなに大変でも笑顔が大切です。どんなに大変でも、笑顔と細やかな気遣いができることが技術よりも知識よりも大切なことです。

広告募集中