介護求人の需要と介護士に求められている資質について

介護求人の需要と介護士に求められている資質について

介護

介護士の魅力

介護士の業務はハードですが魅力は、男女に関係なく働くことができ、さらには年齢や学歴なども関係なく働くことが出来る点です。ただし、ハードで業務内容から離職率が高いゆえに求人数が多く、景気に左右されることなく収入を得ることができるという魅力があります。また介護士として働く方からは、人生経験が豊富な高齢者の方から直接学ぶことができ、身体が不自由な方から元気がもらえるという魅力という声も豊富にあります。

介護士に求められるもの

介護士にはスキルだけでなく、介護を必要とされる方とのコミュニケーションをとることができるかが鍵となります。利用者の中には、会話が困難な方や今どんなサポートを必要としているかを伝えることが難しい方もいらっしゃいます。利用者の気持ちを読み取る洞察力と会話から読み取るコミュニケーション能力が必要となります。

面接でのアピールポイント

面接では多少は緊張してしまうことは面接官もわかってはいますが、早口は介護士としては印象が良くありません。緊張から早口になってしまう場合には意識的にゆっくり話すことがポイントです。ゆっくり話しをして、柔らかな印象や聞き取りやすい話し方をアピールすることができます。また緊張してるからと顔が強張ってしまっても笑顔は大切です。無理に笑い過ぎても印象が悪くなってしまうため軽く笑う程度は好印象です。相手に質問されるばかりではなく、いくつか質問をするとやる気をアピールすることができます。

介護士の今後の行方

日本はどんどん高齢化社会が進んでいながら、核家族が増えているだけでなく結婚をしない一生涯独身を貫く人も少なくありません。現在日本の社会背景からは、家族だけで家族の介護を行うことは困難になってきています。介護保険制度ができてからは多くの企業が介護業界に参入しており、より高齢化が進んでいるためより介護士の需要が伸びています。

介護士の仕事内容

日常生活に必要な身体サポートを行う

食事や排せつ、着替えなどのサポートから入浴や洗顔などの衛生管理などを行っていきます。ベッドから車いすへの移動や自動車への乗り降り、歩行サポート、車いすを使った移動のサポートなどを行います。利用者が日常生活でどんなことが不便になっているかは人それぞれ違います。それぞれに合うサポートを行います。

在宅介護では欠かすことができない家事サポート

介護が必要な方へ食事の準備や配膳、そして片付けを行う食事へのサポートや洗濯や整理整頓や掃除、日用品や食事などの買い物など家事サポートを行います。在宅介護を行うには家事サポートは欠かすことができません。

介護を受ける方の家族へのサポート

介護を受ける方だけでなく、その家族にはさまざまなサポートが必要です。介護を受ける方への食事の調理方法や生活を送る上で必要となる福祉器具の紹介など、さまざまな知識を家族へ伝え役立てるようにアドバイスしていきます。

広告募集中